三日目を振り返る

昨日YouTube生配信をやったが、テレビ放送をYouTubeで流すのは法律違反らしい。自分でも調べたがやはりそうであった、やり方を考えなければいけない。解説と実況は続けたいので、映像を映さないでやる方法でいこうか?ということで今日の解説はお休みします。けれども相撲はしっかりと見ましたよ。私の日課みたいなものですからね、ちゃんと見ない人間が辛口言ったらバチ当たるよ(笑)。

さて幕内前半戦であるが、ほとんどが巨漢のぶつかり合いでうまく型にハマれば勝ち、思い通りいかないと諦めるという淡白な相撲が流行してしまっている。これでお客さんが入っているのが奇跡に近い、唯一千代の国が元気のいい動きを見せてるが、パターン的にこの後怪我をするなどして長続きがしないので、あまり期待するのも気が引ける。

翔猿ー照強の相撲は面白かった、動きが機敏で何が起こるかわからない。攻めも単調ではなく、何を繰り出すかわからないあのゾクゾク感はたまらなかった。今は断然宇良より翔猿の方が業師である。次の一番で登場した宇良だが、私が危惧したことがモロ出た。やはり上位の力士に彼の増量パワーは並みの力士と変わらない、「普通レベル」だった。的がでかい分、当たりやすく何も怖さがない。余計な筋肉で技が繰り出せずにいる。長い目で見れば、彼の相撲人生のプランは失敗と言っていい。でも今からでも修正はできる、まだ終わりではない。

大栄翔が昨日の鬱憤を晴らすような目の覚めるような相撲だった、そして昨日その大栄翔に勝った琴ノ若は今日もいい相撲で勝った。
顎が上がる癖を出足でカバーしている状態だ。エンジンがかかってきたのでこのまま台風の目のように話題の中心になって欲しい。

髙安ー霧馬山に関しては、もう残念としか言えない。仕切りから勝負がわかるくらい髙安の体力のなさがよくわかる、相撲力がみなぎるような体ではない。サボっているとは思わないが、肉がだぶつき気味で下半身が小さい。おそらく急ごしらえの筋トレで間に合わせてきたのだろう。そんなことしても相撲はごまかせない、スタミナ十分の霧馬山は時間かかっても、不利な大勢でも全く動じていなかった。肌を触れた瞬間から、髙安の不調を察知していたと思う。もう優勝目指すなんて言えないと思う。

明生は、師匠が向正面の解説だったからなのかようやくエンジンがかかったか?御嶽海はまたおいしいところを持っていった、注目の豊昇龍を退ければ、マイナスの印象は自然と消える。普段から淡々とマイペースで平常心で取っているので、注目株と対戦する時はちょっと気持ちを入れるだけで力を発揮できると思う。メンタルの消耗が他の力士より格段に少ないのでかなり有利だろう。

貴景勝はもう休場した方がいい、それしか言いようがない。北勝富士は、やはり今日も足が滑っていた。正代に前に出られてしまったということは、いかに馬力が弱いか。毎日気合もマックスで、メンタルの消耗も激しい。このままだと、また勝ち越せたとしても三役には上がれず、筆頭止まりだろう。早くサポーターを外すことに気づけばいいのだが・・・。

結びはここ1年2回勝っている隆の勝が照ノ富士に挑んだが、特に危ない場面もなく横綱が順当に勝ちを収め、三日目が終了した。
上位の力士が、勝ったり負けたり、照ノ富士以外は余程実力が拮抗し、せめぎあっているのだなと思っていたが、どうやら頭ひとつ抜け出せないのは、それだけではないということに気づいた。筋トレ主流の鍛え方になったことで、長時間の鍛錬に適応できない体になってしまった。なので、15日間という長期間のスパンを好調を保てる確率が低くなってしまったのだ。優勝を果たしても連覇はもちろんのこと、翌場所も大勝ちできる人間は照ノ富士だけだ。

早くこの事実を真摯に受け止め、動き出した人間は、大関・横綱を目指せるが、何も感じないようなら今までと変わらないだろう。時代は巡るものだから、いずれ忍耐力を養う古典的な長時間の相撲の稽古が見直されるだろうが、その時になってからでは皆一斉に取り組むので抜け出すことはできない。今のうちから取り組み、一歩先をいかなければ上にはいけないだろう。

私の言ってることをただの大ボラと捉えるか、これはチャンスと捉えるか・・・。どちらだろうが構わないが、こういったことを発する解説者が全くいないのは残念の極みだ。ただ稽古不足だというくらいなら、誰だって言える。それなりの報酬をもらっているのだから、居酒屋で酒引っ掛けてぼやいているような程度な解説は聞くに堪えない。まず、四股名くらいきちっと覚えるべきだろう。裸の王様というのはこれほど恥ずかしいものなのだなと思う。こういった大相撲を取り巻く環境もまともではない。オリンピック見ていたのなら、その解説も見習ってほしかったものだ。

という外部の人間だから言いたい放題言わせていただきました、私は「よかた」(相撲用語で一般人の意味)でありますので、言えるのです。今もって相撲協会さんにお世話になっていたら絶対言えないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です