勝南桜

しょうなんざくら、旧名は服部桜。神奈川出身だから平塚かどっかかな?同じ業界にいたけど見たことがない。見るのはネットニュースで。私の現役時代をトータルしても、序の口の彼の方が取り上げられている。

 毎回写真で見るけど、本当に85kgあるのか疑わしい。キャリア5年の割に体格が力士ではない、一体どういう稽古をしてるのだろうか?稽古していないなんて失礼なことは言わない、どんな稽古をしてるのか見てみたい。そして、彼は今連敗記録保持者であることについてどんな心境なのかインタビューしてみたい。正直申し上げれば、どうやったらこんなに勝てないのだろう。私の知人が、彼みたいに健気に頑張ってる〜なんてことを言い出したから、ちょい待って!体見る限り頑張ってるとは思えないと正直にお伝えした。ただただ真相が知りたい、どんな稽古をしてるのか?

本人だけでなく、師匠はどう思ってるのだろうか?親御さんはどう思っているのだろうか?人を育てるのが相撲部屋という世界なので、育ててほしい。彼に限っては頑張ったけど結果が出なかっただけ、努力したんだよっていうことはこの世がどんなにひっくり返っても通じない理屈です。本当に努力したなら、悔しくて仕方なくて号泣もんだわ。

 一回、九重部屋のアームレスリングから入ってきためちゃくちゃな相撲を取る子と対戦する時、何回も自分から尻餅ついてワザと負けようとしてた。

 違う!どうせなら思いっきり横に飛んで着地に失敗して負けろって!もしかしたら勝てるかもしれんやん(笑)

一度でいい、勝南桜を指導してみたい。パーソナルトレーニングならぬパーソナル相撲稽古。24時間体制で食事から何から何まで指導してみたい、まずは雪駄を履かせたいなぁ。雪駄で歩いた時のあの心地よい音を体感してもらいたい、そしたら欲が出て今度は博多帯を巻きたいなんて思うかも(笑)。

 「負けて覚える相撲かな」なんてことわざあるけど、もうお腹いっぱいでしょ(笑)。彼のような人が強くなれば、相撲は更に人気が出てくると思うよ。プロ野球だって、常勝軍団のソフトバンクホークスは育成枠という下部組織からどんどん人を育て一軍で活躍できる選手を輩出している。

 結論!勝南桜は我々日本人の夢そのものです。幻で終わらず、今からどんどん番付を駆け上がってほしい。一相撲ファンとして願わずにはいられないのです。

 一回オードリーの春日かなかやまきんに君に体作りを指導してもらったら???(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です