名古屋場所二日目

 名古屋場所も二日目が終わった、前半の二日にこんなに集中して見るのは引退してから初めてではないだろうか?そのくらい大きな存在が今場所の土俵に鎮座している。それにしても、名古屋場所の光景はやはり心地いい。国技館とは少々違う建物で、夏の装いのお客さんが団扇を仰いで観戦しているのは季節の風物詩だ。ああいよいよ夏本番なんだと実感する。そう、お相撲さんは季節を運んでくる存在なのだ。三月場所は大阪に春を運ぶ、乗り込むのは二月後半でまだまだ寒いが、場所が終わるのが三月後半だから東京に戻る頃には桜が咲き始める。十一月場所は、福岡に冬を運ぶ。乗り込むのは十月後半、九州だもの、まだまだ暑いのに、お相撲さんの世界の衣替えがこの時実施され、浴衣から着物に変わる。あれが暑くてかなわない。けれどやはり場所が終わって、東京に帰る頃になるともう十二月の頭だから、めっきり寒くなる。昔は雪も降ったみたいだが、私が現役時代の時はなかったな。

 ついつい昔を思い出して、脱線しまくりだが昨日の相撲を振り返ります。前半はこれといって目立った相撲はなかった、宇良が負けたことが残念です。同時に宇良の弱点が際立って見えました、体重増加によって彼の左の脇がガラ空きになってます。肉厚になったせいで脇が締められないのです、増量はメリット・デメリット両方あるんだとあらためて浮き彫りになりましたね。少しシャープな体型にして技のキレに重点を置いてみたら?もっとも研究熱心であるから、彼なりに対策は既に考えているでしょう。

 かなり贔屓目にはなりますが、志摩ノ海の相撲はお見事でした。過去の対戦成績の分の良さも手伝ったのでしょうか?曲者照強相手に切れ味鋭い上手出し投げを決めてくれました。じわじわ寄っていく根っからの押し相撲にこんな技が隠れていたとは・・・。あんな綺麗な出し投げ一回でもいいから私も決めてみたかった・・・っていうくらいバシッと決めてくれました。

 中入りも後半戦に入れば、役者たちが次々に登場します。豊将龍一体どうしちゃったんだろうというくらい豹変したね、叔父さんの生き血でも飲んだのだろうか?体と技は今までも申し分なかったけど、今場所からは心まで備わってしまった。表情が今までとまるで違う、闘争心剥き出しの顔はやはり横綱朝青龍を彷彿とさせる。今書いちゃうと、もったいないので場所が終わるまでは静かに見守る程度にします。でもあれだなぁ、叔父さんの性格まで似てきちゃうと手がつけられなくなりそうでやだね。性格はどうかそのままでいて!

 北勝富士が新三役二人に2連勝!内容は本来の動きではないが、これで気分が悪いわけない。今日もライバル御嶽海を倒して、そのまま突っ走って欲しい、番付運さえ関係なければ、北勝富士は三役の常連である。小結も前頭も、違うのは給料だけだからくらいに思って気楽に取って欲しい。誰もが実力者なんだということはわかっているのだから。

 さあ、ラスト2番を振り返るとするか。照ノ富士にはもう相撲のセオリーは通じなくなってしまいました、初日の遠藤、昨日の若隆景は教科書通りの相撲を取りました。これまでよしとされていた相撲です、照ノ富士はそれを超える、今現在ある相撲の技術を超える能力を身につけました。彼を倒す方法がわかりません、唯一あるとすれば突き押しかな?けれども、そんな馬力のある力士いるかな?誰か照ノ富士に勝つ方法知っていたら教えてください。

 そして結びの一番です、横綱勝ちました。ありとあらゆる栄華をを誇ってきた白鵬が今一番喉から手が出るほど欲しい「勝ち」を二つもゲットしました。圧勝だの完勝だの内容だの関係ないでしょう、本人だけでなく、見てる人全員をそんな気持ちにさせてくれる存在なんですね。優勝も44回なわけで、普通の横綱ではないのだから、別格の称号を与えたらどうでしょうか?例えば行司の松翁のようなよく意味がわからない言葉ね。大横綱なんてダイレクトすぎる言葉だとまたアンチがうるさく騒ぎ立てるわけだから。毎日その一番を見たくて仕方なくなる力士って最近いなかったかもしれない、白鵬の相撲だって前はどうせ勝つんでしょと見てなかったな。それが今や控えから表情や所作が気になるんだからたまらない。あれだけ品格が問われたのに、それ以上に人を惹きつける力って何なのだろうか?ああ今日の相撲も気になる、そして途中休場だけはどうかしないで、十五番相撲を見せてください!

 最後に番外編、貴景勝首痛めたのだろうか?あれは経験があるのでその痛みはよくわかります。けれども、プロの力士があんな風に首が「入る」ってあんまりないはずなのだが・・・。ぶつかり稽古しか鍛錬方法はないです、唯一の望みの日本人が痛がっていたら、照ノ富士・白鵬のさらに追い風になってしまう。また今日から頑張ってください!髙安も今日から出場か、とにかく怪我が多すぎる!腰のことなら大岩戸まで問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です