横綱=神様にしか見えない

 六日目も順当に横綱白鵬と大関照ノ富士が勝った、そしてこの二人がきれいに白星を積み重ねている側で他の力士たちは勝ったり負けたりしている。星の差が少しづつ開き始める、いったい同じ人間なのになぜここまで違うのだろう?・・・わかりませんよ。

 わからないから、とりあえず相撲を振り返ります。まずは横綱から、土俵際の魔術師とでもいうのでしょうか?傍目ではやばいと思っても、本人は勝ちパターンでしめしめといったところでしょうか?北勝富士の一気の押しを捌き、叩き込みで勝った。あ、そうそう、叩き込みと引き落としの違いわかる人いますか?私はわかりません(汗)。わかる人がおられましたら、ooiwato.comまでご一報下さい。えっとなんだっけ?はい、対戦相手はもはや皆さん横綱の術中にハマっています。それは、白鵬という人間だけでなく、横綱という地位からも同じことが言えます。さらに解釈を拡大すれば、日本という国からもです。話が脱線しすぎてない?いえ今日はしてません、ガチっす。

 日本の美徳というか、武士道精神というか、礼節を重んじることはとても素晴らしい事だと思いますよ。しかし、それを持ち出して制限をかけてしまうことはどうかと思います。例えば、横綱大関相手に立ち合い変化してはいけないとかです。もちろん、そんなルールはないし、規約もない。だけどやっちゃいけない空気・風潮は絶大なエネルギーを誇っているんです。お客さんも、過敏に反応するでしょ?中継見てるとブーイングなんかやっちゃって・・・。

 あのですね、今の力士はみんな真面目なんです。真面目にせざるを得ないんです、これだけ開かれた情報の世界で生きてるわけだから、ちょっとしたスキャンダルさえ相撲生命を危うくしてしまう。稽古不足だなんて一言で片付けられる単純な問題ではない!あの人に伝えたい、あなたの生きていた時代とはまるで違うんだよ、もし今の時代ならあなたはとっくに首ですよ(笑)。

 脱線どころか暴走の一途を辿ってるますが(汗)話を戻せば、横綱と対戦する相手は正々堂々という枠というか檻に入らされた状態で相撲を取らされています。北勝富士なんか本当真面目だから、完全真っ向相撲。対戦相手の攻め方は、マニュアル化してしまっている。タタでさえ強い横綱は、+ハンデをもらってるのです。立ち合い当たって前出るしかできないのだから、限られた動きの中で皆死に物狂いで向かってきます。緊張感とやや冷静さを欠いた状態だと、どうしても肩に力が入り、下半身が疎かになってしまう。そこを見逃さず捌けば、必然的に横綱の勝ちとなるわけです。

 ある親方衆に言われたことがあります、昔はみんな足腰がよかったから引き・叩きはそもそも効かなかったと。だからやっちゃダメと口酸っぱく言うのだと・・・。生活様式など環境の変化で、現代人は確かに足腰は弱くなったかもしれない。あとは、昔は四つ相撲が主流で、じっくり攻めてがっぷりまわしを取っての相撲だったから余計に効かなかったのかもしれない。ふふふ、では立ち合い思いきり当たり速い相撲で勝負をつける現代のハイスパートなスタイルならどうだろうか?狙えば・・・。

 目潰しなどの反則行為ではないのであれば、立ち合い変化などは奨励してもいいのではないか?日本の美徳という枠に閉じ込めず、好きな動きをさせる。これでも敵わないなら、本物中の本物で誰もが納得せざるを得ないでしょう。稽古場からじゃんじゃんさせていいと思います。それじゃ、当たりが強くならない?そこはぶつかり稽古を増やせばいいの。相撲を取る稽古は思った通りのフリースタイルで、その代わりに仕上げのぶつかり稽古で重要な当たりを強化する鍛錬を積む。これしかないっすよ、横綱を倒すためには普段から準備しておかないと。叩きとか、注文相撲があったほうが立ち合いにより集中できるし、叩きに対する耐性もできる。まずは、叩きや変化をする人間にではなく、それにまんまと引っかかる人間にブーイングしようよ。

 ふう、横綱のことでなく、叩きのことばかりになってしまった・・・。さてもう一人の照ノ富士ですが、こちらは横綱とは違いパワーで圧倒してますね。相手も別に変化しようとまではいかなくても、結構横に回ったりしてそれぞれの思い思いの相撲を取ってるけど最終的には退けている感じ。だから完全にお手上げ状態、立ち合い変化も効かないんじゃないかな?打つ手なしか・・・、いやまだある!逃げて逃げて逃げまくり時間をかける、さすれば膝が持たないだろうから、勝機が生まれる。ただし、対戦相手も捕まらないようにするために相当なパワーが必要となるから、容易ではないかも。

もはや、白鵬・照ノ富士には万事休すなのか?なーにまだ半分だ!残りの期間で作戦を練り上げちゃる(一体誰が使うんじゃ?)。令和の笠置山になれるよう頑張ります(もう現役じゃねぇし)。

 最後に、出身ではない山形郷土力士の琴ノ若が一敗で頑張っております。台風の目になることを願ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です