正座して食事したら痩せる?

 この言葉には深い意味があり、直訳するする人には、「んなことあるわけない、それで痩せたら苦労はしない。」「昨日やってみたけど全然体重変わらないわよ!」と怒られるだろう。世の中そんなに甘くねえよ(笑)

私は、食べ過ぎて翌日体が重い時や、胃が張ってる時に正座で食事する。三食全部がそれではない、大体朝かな?食べるものは何でもいいが、正座だから和食が多い。一汁一菜みたいな感じで。今までは床にお盆を置いてその上に料理を並べていたがついに箱膳を買った!すっかり時代劇もんだ!^_^

 だからそれと痩せるのとどう関係あるんだよ!と聞こえてきそう( ̄∀ ̄)はいはい本題に入ります。普通大抵椅子に座って食べていると思いますが、椅子に座る姿勢というのは、体によくないという研究結果に出てるくらい近年言われており、メンタリストDAIGOもYouTubeで述べてました。私は彼のように詳しくはわかりませんが、身体感覚として椅子に座ると下半身が使われてない、生きていないのです(死んでいるんなんて恐い言い方はしませんよ)。その状態で食事をすれば、決して満足に体が機能してないのだから、消化もきちんとされない。姿勢も悪くなる。

 しかし、正座して食べれば下半身も生き、体全体で食事していることが成立する。消化もしっかりされる→だから美味しい→体が満足→心も満足、、、になります。正座すると自動的に姿勢が良くなるので、食べ物がお腹に詰まることなくすーっと流れるんです。これが心地よい。

 プラスアルファー、正座できる時間って限られてるやん?私はもって10分かな?10分以内に食べれる量しかよそわないの。そうなると自然にカロリー摂取量も減るのでは?(おかわりすれば意味ないが)。先述した箱膳も、料理を並べる分に限りがあるから、食べる量は少なくなります。

 以上の観点から、タイトルに表記したことが考えられると思うのです。これは、科学的に実証されたわけではなく個人の意見なので怒らないでちょ^ ^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です