自伝その9

 相撲と言う熱中することに出会ったことで学校生活の中でも積極的に活動するようになった。クラスの班長になったり、学校の中では花形と言われる委員会に所属したり、ブラスバンドでは金管楽器のトロンボーンを吹いたりした。努力すると、いいことがあるんだということを相撲を通じて知った。一冬を越し、小学5年生になった私は地区の大会では優勝を重ね、わんぱく相撲の全国大会にも出場した。しかし県では優勝出来なかった、隣の市になんと全国でも有名な強豪チームがいたからだ。そこは、準備運動からオーラが違う。一体どこで習ったのかわからないが大相撲の相撲教習所の基本動作を一通りこなし、掛け声も乱れず大きな声で行う。その様子を見てるだけで周りが圧倒されるくらいだった。一つレベルアップすれば、そこには必ず立ちはだかる壁が出現する。相撲人生は常にその繰り返し、身近なところに強豪チーム存在してるというのはある意味恵まれていたかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です